ペットボトルで雲を作る実験をしてみました。

用意するものはこれだけ

  • 空のペットボトル
  • ぬるめのお湯
  • 線香(線香がなかったので今回はお香で代用)

ペットボトルにお湯を入れ、線香の煙を入れてペットボトルを凹ませると雲ができるというもの。

さて、できるかな?

おお!白くなった!

蓋を開けてみると・・・

蓋をあけてみると雲?がふわふわと~出てきました。面白い!

なぜ雲ができるのか?はこちらのサイトが参考になりました

水育キッズ~雲を作る実験

空の雲は、空気中の「水蒸気すいじょうき」と「ちり」、そして「温度が下がる」という3つの条件じょうけんによってできる。
この3つの条件じょうけんがそろえば、ペットボトルの中にだって雲をつくることができるんだ。

雲ができる仕組み、なんとなくわかったかな??

息子は最初雲の話をしたときにはドライアイスを水に入れたときにできる煙、ああいうものを想像していたようです。
ということで、ついでに調べてみました

ドライアイスを水に入れるとどうして煙が出るの?

あれは二酸化炭素じゃなくて氷のつぶなんですね!!
ということはやっぱりあれも雲と同じ原理、って考えていいってことかなー??

Youtubeを見ていたらこんなものも発見!これまた楽しそうですねえ。。

こんな大きなヘリウムボンベは無理だけど、風船用のだったらできるかなあ?
今度実験してみたいと思います