花まる学習会が開発したアプリ教材”ThinkThink”
以前は有料で提供されていたそうですが、無料になりました。

[appbox appstore 1082259392] [appbox googleplay com.hanamarulab.thinkthinkapp&referrer]

数脳パズル「なぞぺー」シリーズのアプリ版ですが、空間認識・平面図形など、中学受験でも頻出分野の良問に触れながら思考センスを育むというもの。4000題収録されているとか。

無料で提供する理由は世界中の、様々な環境にある子どもたちのもとに届けていけるように、とのこと。
すすめていくうちに課金もあるのでしょうが、無料でこれだけの教材を提供されるのはすばらしいですね。

こんな問題が揃ってます

最初にできるのは

  • はこになる?:展開図が出てきて箱(立方体)になるかどうかのクイズ
  • とおる?:壁に空いた穴に、立方体を重ねた形がとおるかどうかのクイズ
  • ましかくさがし:たくさんある点の中からましかくになる4つを探すクイズ

など。

いずれもチュートリアルがついているので、子どもでもすぐ設問の趣旨はわかると思います。

解いていくうちにメダルがもらえたり

自分の順位が確認できたり。

ThinkThinkのここがすごい

こどもが夢中になる

学習アプリ、なんですけれど子どもにとっては楽しいゲームに思えるような工夫がされています。
順位が出たり、クリアしたらメダルがもらえたり、ゲームの要素を入れて工夫されています。
続けてやらないとメダルが減っていく、なんて工夫もあって、毎日やりたくなるみたい。

うちの子も朝起きてすぐやりたい!というほどはまってます(笑)

1回あたりの量がちょうどいい

1回あたり遊べるのが3つまで、とおよそ10分で終わるようになっています。

うちの子は本当はもっとやりたいみたいですけれど、10分で終わるとわかっていれば時間の管理が簡単ですね。

デジタルならではの面白さ

デジタルの教材なので、展開図を実際に組み立てて箱になるかどうか経緯を見せたりすることができるんですね。
視覚的に面白い、というのもはまる要因のようです。

またやったことが常に記録されていって更新できるのも特徴。
前回の点数を越えたい!もっと上の順位にいきたい!という気持ちが、なんども繰り返しやる行動に結びつくようです。

なぞぺーや学習会でのノウハウが詰まった教材だと思いました

思考センスとは、抽象的に思考する上で土台となるイメージの力。
私たちは、思考センス(=イメージ力)を
「空間認識」「平面図形」「試行錯誤」「論理」「数的処理」の5つの分野に分けて捉えています。

Think!Think!では、
特に10歳までだからこそ大きく伸ばすことができる「空間認識」「平面図形」、
また全ての問題に取り組む基本姿勢である
「試行錯誤」の各分野に優先的に取り組めるカリキュラムを提供します。

遊びながら学べるThinkThink、おすすめです