毎週月曜日に1つテーマを設定して朝活をおこなっています。
今回は「自分を変える1つの習慣」を読んで、良い習慣を身につけるにはどうしたらよいか?をテーマに対話しました。

成功とは、○○である

この本の中にこんなフレーズがありました。

「成功とは毎日更新するべき賃貸契約である

ドカンと成功して消えていく「一発屋」ではなく、毎日ちょっとずつジリジリとバージョンアップしていくようなイメージでなんですね。

この本では、成功の秘訣は「セルフ・コントロール」の積み重ね。つまり「できればしたくない行動を、できるかぎりすみやかに行なえる習慣」を身に付けることが必要と書いてあります。

どうしたらそんな習慣を身につけることができるか?
対話の中で出てきた3つのポイントをご紹介します。

1.WHYを明確にする

習慣化とは基礎体力作りのようなもの。良いとわかってはいてもなかなか身につかない。
あるある。。。ではないでしょうか。

それはなぜそうするのか、が明確でないからではないか。
まず目的、アウトプットを明確にする。

現在だけを見るのではなく、今日と地続きになっている将来のアウトプットを意識すれば習慣化できます。

2.目標を細かく刻む

ただ将来のアウトプット、未来の成功よりも、今の快楽を選んでしまいがち。。。
それは

  • なかなか成果が出ないのでやる気がでない
  • 未来に対するリアリティが薄い

からではないか?

これを克服するには、大きな目的の手前に小さな目標を作る。
それに向かって行動することでフィードバックも得たり小さな成果を得られると、その先に続けることができそう。

途中でやり方=HOWを変えてしまってもよい、続けていくことでWHYにつながればそれでOK!

3.環境作りをする

一番大切なのが、意志に頼らなくてもラクラクできるような環境作りをすること。

私の場合は一人だとなかなか継続できないので仲間を巻き込んで強制力にしてしまう=続けられるという仕組み作りをしています。

  • 毎週計画を立てて振り返る
  • 毎月読む本をあらかじめリストにして読み切る

いずれも仲間とグループを作って達成できなければグループから退場!というハードルを作っています。

グループから退場したくない一心で達成することができます(笑)

それにみんなもやってる!という環境だと、やるのが当たり前という状態になるんですよね。

人は習慣の束、といいます。
毎日、賃貸契約無事に契約できるように、習慣の力でジリジリと更新し続けていきたいです。