セミナーや勉強会でよくある質疑応答。

質問がある人!といってシーンとなってなんだか気まずかったり、質問者がだらだらとしゃべりはじめてなんだか的を射なかったり。。。
時々そんなシーンに遭遇するのですが、先日「Sli.do」というサービスを質疑応答に利用しているセミナーに参加して、これは便利だなーと思いました。

slidoの番号を参加者に伝え、参加者はそこに質問などを書き込みます。
自分で質問を書くこともできるし、他の人の質問に「いいね」することもできます。
いいね数が多い質問が上にあがってくるので、それを見ながら登壇者が答えていくことでスムーズに質疑応答ができるという仕組み。

こんな風にプロジェクターで映してリアルタイムにやり取りをしていきます

実際作ってみましたが、作り方も簡単。
Creat Eventをクリックし

アカウントをつくります。

使いたい日時を入力すると

#4桁の番号が振られます

あとは会場でこの番号をお知らせすればOK!

イベントを作る人はアカウントの設定が必要ですが、参加者側はアカウント作成の必要はなく、そのまま書き込むことができます。

アプリのDLなども不要なので手軽に使ってもらえるのがいいですね。

登壇者も関心が高い質問から答えることができるし、参加者も手軽に質問ができる。
双方にとって便利なサービスですね♪