理想のクローゼットの作り方

もうすぐ春ですねえ。

何となく春物が欲しいなーでも何を買おう?って思ってた時に偶然であったこちらの本を読みました。

この本の特徴は、自分の将来のありたい姿を考え、その姿を目標に、着せ替え人形のように似合う服をあわせてみようというコンセプト。
本の中では「わたしジェニーちゃん」と書かれてました。
今の自分に似合う服ではなく、理想の私にふさわしい服を選び、クローゼットを作り上げていくという視点が面白かったです。

はて、私の場合どうだろうねえ。。。と思いあぐねたのですが、そういえば!!

お友だちのイラストレーター、花咲マリサさんの「この服着たい!をイラストで叶える企画」に応募してたんでした。

こちらは文字通り、こんな服着てみたいなーという願望をマリサそんがイラストで叶えてくれるというものなんですが、これ、まんま「わたしジェニーちゃん」かも?!

いやね、理想のスタイル、着てみたい服があってもなかなか現実的には難しいってあるじゃないですか?
雑誌で見て素敵ー!と思っても手に入らないとか、実際着てみたら印象全然ちがう(汗)とか。
でもイラストだと、理想のありたい姿を無理なくビジュアル化してくれるのがすごい!!

私がマリサさんにお願いしたのはこんな感じ
・目標はミラノのかっこいいマダム
・存在感、信頼感があるけれど、自由で個性的
・かっこいい8割にかわいい2割、伝統的なもの8割に個性2割、みたいに、自分の定番の軸を持ちながらも別の要素も取り入れられる振れ幅の広さ&バランスの良さ
・「着てみたい服」というポイントで考えると、「革のジャケット」
・赤は、差し色でもう少し取り入れてみたいと思うので、赤の小物を増やしたい

このメッセージとともに雑誌の写真を何枚かお渡ししました。

そしてできあがったのがこちら

: Incorrect URL specification.

そうそう!これこそ「わたしジェニーちゃん!」

画像をスマホの待ち受けにしてニヤニヤしてます。

こんな私に似合う服だけ詰まってる、そんな理想のクローゼット、作っていきたいです